読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsuya-kun’s blog

思ったことをそのまま書きます

洗車

 

 

愛車べぜるにせっかくコーティングしたのに、めんどくさがって洗車機通しまくってたら、案の定小キズだらけになっちゃいまして。

 

だから、100均でマイクロファイバークロスを買ってきて、庭の水撒き用シャワー片手に自分で洗車してみました。

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170522203619j:image

 

綺麗になりました。

 

花粉だらけだったので早くしなきゃとか思いつつ、先延ばしにしてたんですが、綺麗になってよかったです。

洗車機通す10倍くらいはかかってたと思いますが、いい運動になるし、精神衛生上も素晴らしく良いです。

マイクロファイバークロス有能。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170522203845j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170522203851j:image

 

舐め回すように写真撮ってたらですね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170522203914j:image

 

 

ウォウウォウウォウwwwwwwwww

  / ̄ ̄ ̄\

 / ՞ةڼ◔      \

/         \

/  /     ヽ  \

| /      \  |

\Ԏ      Ԏ/

  |     /⌒\ 

 /  ___/⌒\⊃ 

(  / 

 \\ 

  ∪

あーあ。

 

プラスチック部分だったからまだ精神衛生上良かったけど、タッチペンでなんとかしなきゃなぁ。

 

ってかこういうの3箇所くらいあったんですが…黒なら目立たなかったんかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに

f:id:Tetsuya-kun:20170522204315j:image

どーーーーん。

 

中もたぶん花粉だらけだろうなぁと思って開けてみたら、やっぱり汚かったです。

ケルヒャー的な何かで吹き飛ばしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

新潟に住む、JKホイホイな紳士淑女の皆さんに朗報です。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170522204430j:image 

 

美少女図鑑のような、JK制服カタログが新潟駅で無配されてましたよ。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170522204708j:image

 

スカートからカーディガンやら、何でもありです。

 

 

 

制服すごい可愛いんですけど、

 

何より、この女の子達が、JKらしくて良い!

大人っぽすぎず、しっかりJKだし、ちょっぴり芋臭いとこもたまらないです。スタイルも、細すぎないあたりがもう最高。

綺麗すぎるとコスプレにしか見えねぇじゃん?

 

 

 

 

 

 

 

品薄だったので、欲しい方は新潟駅にお急ぎください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今日は軽く締めましょうか。

 

ぱいならほい。

 

 

まちあるき

 

街歩きは楽しいです。

 

退勤後は、4~5kmほど歩くのが日課になっています。

 

しかし、痩せることはありません。

 

 

美味しいものをめいっぱい食べているときのほうが痩せるような気もしますが、

今は食欲がありません。

 

 

(なのになんで痩せないんだ!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、街歩きということで

 

職場のある関屋から万代まで歩くんですが、道中には素敵なところがたくさんあります。

信濃川萬代橋とか最高ですよ!

f:id:Tetsuya-kun:20170515220429j:image

 

 

橋から見る風景ってほんとに綺麗ですよね。

 

 

 

 

今回は、歩いてて目に付いたポイントを紹介したいなと思います。

 

 

 

まずはここ。

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170515212910j:image

 

超絶難易度の高い駐車場。

この狭くて怖い坂を下りるしかないのですが、あまりにレベルが高すぎて、よほどのテクニシャンかスタントマンくらいしか出来ないんじゃないでしょうか。

 

しかしこの一帯、あまりに住宅が密集しすぎて行き止まりがめちゃくちゃ多いんですが、知らない人が入ったらほんっとやばばばばいと思います。

歩行者でも頭を抱えるくらい、行き止まり多いです。

 

家事が起きたら心配ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次。 

f:id:Tetsuya-kun:20170515213058j:image

 

日本海タワーとして、3年前まで営業していた展望台……なんですが、本来の用途は配水場です。

1970年築。出来てから50年近く経った建物なので、老朽化のため展望台は閉鎖してしまったんですね。

でも、配水場としては現役です。

水配るための建物なのに、なんでこんなにでかいんだ?って思われた方がほとんどかと思われます。

でも、ちゃんと意味があります。

 

実はこの配水場、ポンプを使わず自然流下で配水してるからなんです。高いとこから低いとこに、位置エネルギー使って水を落としているんです。

エコなんです。

 

 

 

 

 

次。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170515220702j:image

 

異人池ヒルズと中国領事館の間の階段。

この一帯、西大畑地区は新潟のハイセンスな町なんです。

だから、階段もハイセンス。

 

 

 

次。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170515220816j:image

 

どっぺり坂です。

こんなにハイセンスでシャレオツだけど、由来がひどい、どっぺり坂です。

 

その昔、この坂の上に旧制新潟高等学校があり、そこの寮「六花寮」に住む学生がこの坂を下り、繁華街の古町に遊びに行ってばかりいると落第するぞ、と戒めの意味で、「ダブる」をドイツ語で洒落て「ドッペルン」と表現したのが由来だそうですよ。

 

学生らしいわね。

 

 

 

 

 

 

 

 

次。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170516075329j:image

 

大人な世界への入り口。

不夜城とか、そのまんま過ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずこんなもんで。

 

また何か面白いことを見つけたら、ぼちぼちと覚え書き程度に書ければなって思います。

 

 

新潟においでよ!

 

 

 

 

ヌッコ

 

布団カバーを洗って装着したら、我が家の猫様が秒速で布団の上を陣取って、また毛だらけにしやがりました。

 

可愛いから許すしかない!!f:id:Tetsuya-kun:20170507231527j:image

 

でかい尻とご尊顔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真撮ったら逃げられました。

( ´︵` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GW後半は、凄まじいストレスで荒ぶっておりました。

家の中にいる時間が長いと、夜のテンションが凄まじく低くなったりして、憂鬱なときこそ外に出て、1人になってくるべきなのだと、改めて思い知ったのであります。

 

でもねぇ、、

外に出ると、例外なくお金使っちゃうのよねー。

それもまた嫌なので、ここで感情のせめぎあいが起こります。

つらみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか、

ならば図書館にでも行けば良いのか。

今度からそうしよう。

 

解決。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日のうちで気になったことや思ったことを、こうして文章に並べながら、同時にどうするべきか考えているので、自問自答的な流れになりやすいですが、許してちょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、アンガーコントロールができるでしょうか。

 

ぼくは、たぶんできてません。

怒りに任せ、暴れ、暴言の嵐になります。

 

自分で自分の気に入らない点に直面したときが一番ひどいんですが、こう、自分で消化すべき感情が一番どうにもならないんですよね。

自分のせいだから、怒りの矛先は自分。

他人じゃないから、思いっきりぶっ潰したい感情が抑え付けられないんですね(たぶん)

 

当然ながら、周りは迷惑を被るでしょう。

 

どうしたら良いんでしょうねぇ……,..

前はこんなんじゃなかったのになぁ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日もまたウォーキングをしようかな。

職場では、相変わらず開店休業な立場ですが、とりあえず乗り越えなきゃ。

 

 

そのストレスを小さくするためにも、歩こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭が働かなくなってきたので、微妙ですが寝ます。

 

おやすーーーーーー。

 

 

 

 

メンヘラですから

 

自分1人で生きていくことの難しさをひしひしと感じております。

 

というのも、自分自身にやりたいことってのががないからなんですよね。

多趣味に見えて、実は無理やり何か見つけては手を出して、何もしないで鬱々とした気持ちに陥るよりかマシ程度の気持ちで取り組んでいるような、そんな感じ。

 

やればやったでこだわり持ったりするんだけどさぁ

虚無感がすごいんですよぉ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、信頼した誰かのために誠心誠意尽くして生きていくのが、一番向いているのかも。

好きな人の喜びは、自分の喜び、みたいな。

 

…とか言う割には、もし結婚したとしても、相手のことは100%信頼して生きていくなんて自殺行為だと思っているので、金銭的には自立していたいのですがね。

子供も産み育てたいし。

 

 

様々な相反する考えで頭の中が入り乱れ過ぎて、非常に生きづらいのです。

 

自分に正直になれないだけじゃん?とか言われそうですが、自分自身がスッカラカンだからだと思っているので、何とも言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……なーんて、

居心地の悪い生活空間の中で地獄のようなGWを過ごしていたら、だんだん心が歪んできた気がしたので、とりあえず脳内整理。

 

整理しないと屍になりそう。

それに…自然と暴言を吐く自分に対し、もはや罪悪感すら感じなくて全部周りのせいにして開き直ってるので、良くないことだZEと思えるようにならないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身を、対症療法的に保つ手段として、パン作りはかなり有効だと思っています。

 

身の回りや世の中に感じる不平不満を、生地に八つ当たりする勢いでぶっ叩き、グチャグチャに潰し…そんなことができるからです\( ¨̮ )/

 

パン作りにこだわる理由がものすごくブラックですが、ノープロブレム。

値段付けて売るもんでもないしね(^ν^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、パン作りには落とし穴があります。

たった100gの粉しか使わなくても、3個くらいパン作れちゃうんです。

でも、たった100gのために、苦労して生地を捏ねるか?って考えると、結局は少なくとも150gくらいの粉で作っちゃうんですよねー。

こうなると、4~5個はできます。

 

だから、毎日何か作ってると、確実に余ります。

貰ってくれる人がいないと、なかなか苦しい状況になります。

相手にあげられるクオリティの物が毎回できるとは限らないし、非常に悩ましいところです。

 

何を言いたいかって、

近くに!お友達が欲しい!!!

職場の人とも仲良くなりたい!!!

 

 

 

 

職場の人たちバリバリ過ぎて居場所見出せなくてめっちゃ辛いんです誰かはっちゃけても全然いいから構ってくれーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭で文脈を整理することが出来なくなってきているので、グチャグチャになる前に引っ込みます。

 

ぱいなら。

 

 

イギリス4日目を

 

正社員になってから1ヶ月ほど経ちました。

 

毎日、暇で暇でしゃーないです。

周りの人達はバリバリ仕事してるから、なんか居づらさMAXです。

ストレスが半端じゃないです。

外に出ないし。

 

辞めてほしくないからやりがいのある仕事に就かせたって話を聞いたけど、やりがいなんてどーーーーでもいい。

合うか合わないかで判断するべき。

だから、いくらやりがいがあったとしても、最初から初心者向けではないプレッシャーすごいとこに置くのはどうなんでしょう、って思うんです。

 

叩かれそうだけど、とりあえずの逃げ先的な感覚で入っているのも事実だからの…。

最初から、終身捧げますって気持ちで入ると、いろいろ苦しかったりするのでね…。

 

引っ越す可能性も視野に入れてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、遅れに遅れたイギリス4日目をまとめます。

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409215319j:image

 

その前に、3日目の夜に、ホテル近くのアールズコート駅に置いてあった手書きのメッセージボード。

字体が可愛いし、こういう心遣いみたいなのが良いですね。

日本の駅も…ぜひ…イベント時とかじゃなくてもこういうのやってほしいです…(pωq)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…誰か訳してください。

ここまで言っておいて、ぜんっぜん意味分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目は、ホテルから歩いてケンジントンパレスに。

2日目に行ったとき、お土産コーナーがあまりにもセンス良すぎて、またお土産買いに行こうぜ!ってなりまして。

 

 

歩いてる途中に、イギリス王室御用達の高級スーパー Waitroseがあったので、お土産に頼まれてたエコバッグ買ってきました。

センスが良い…

f:id:Tetsuya-kun:20170409215540j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409230437j:image

 

あ、高級スーパーとはいっても、値段は良心的ですよ。庶民派と言われるTescoと大差無いんじゃないかな。

日本でいう成城石井みたいなもんじゃないかしら。

成城石井よりかはずっと庶民的だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた歩いてる途中に

ケーキ屋を発見。

f:id:Tetsuya-kun:20170409220056j:image

こう、食べたくなる手を出したくなるセンスって、日本にはやっぱりまだまだ少ないと思うんだよなぁ。

店構えとのマッチングも含めて。

 

でも、日本のは味にハズレが無いから良いですよね。見た目より中身よね。

 

このきらびやかなケーキも美味しいんだろうとは思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、ケンジントンパレスに到着。

お土産コーナーに向かい、舐め回すように見て回ります。

f:id:Tetsuya-kun:20170409220327j:image

こんな庭仕事グッズも揃ってました。しかし、大半に値引きシールが貼られてたのが…なんだかなぁ。

 

こんな可愛らしいオーナメントもあります。しかも無駄にたくさん種類がありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170409220503j:image

どこに飾るかは考えもつきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お土産選びが終わったら 

f:id:Tetsuya-kun:20170409220622j:image

 

ケンジントンパレスのお隣、The Orangeryで優雅なアフタヌーンティーを!

 

 f:id:Tetsuya-kun:20170409230929j:image

 

建物は、やっぱりシャレオツ。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409230025j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409230052j:image

 

いいっすね〜。

 

甘いものだけじゃなく、しょっぱい物も付いてくるのがいいっすね〜。

お菓子も、珍しく甘さ控えめ。

あ、でも一番上のクリームマシマシは甘かったな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これで£55はハードル高杉さんです。

二度と経験しないことだから払うけど、二度目は無いわ…貧乏性…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに、またスーパーに寄りました。

そのスーパーのゴミ箱が、あまりにもセンスで満ち溢れていたんですよ…

f:id:Tetsuya-kun:20170409230416j:image

まずわかりやすい。

 

そして、イギリスではゴミのことをマジでRubbishって言うんですね。

某自動車番組のせいで、スラングなのかと思ってましたが、日常的に使われる言葉なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、体力的にもヘトヘトになっちゃいまして、ホテルに戻りました。

空港までの送迎バスが来るまでソファーで待機。

 

ヒースロー空港の免税店も見て回りました。

 

ハロッズのポーチが、1つ700円くらいだったかしら。日本で買うよりかはるかに安いですね!

f:id:Tetsuya-kun:20170409231137j:image

 

 

イギリスではクールジャパンが流行っているようで、例のブランドも堂々と空港に。

f:id:Tetsuya-kun:20170409230850j:image

ネタとして買えば良かったなぁと今更。

ちなみにこれ、ファッションブランドです。Tシャツとかリュックとかもあるんですが、変な日本語がバラバラ並んでいるので、気になる方は検索してみてください。

 

 

イギリスでは、道を歩いていると、若いあんちゃん達に「アリガトゴザイマース」って煽られたりもするんですよ。

イギリス、日本好きな人が多いなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、無事に帰路へつきましたとさ。

 

 

 

おまけ♡

f:id:Tetsuya-kun:20170505204930j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170505205021j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170505205039j:image

ドーハから乗ったB787です。

超無理やり撮りました。

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170505205127j:image

カタール航空のおねえさん綺麗なんですよー。

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170505205219j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170505205256j:image

 

帰りの機内食もうんめかったです。

が、トリプル炭水化物ばかりなのはどうなんでしょ…。

動かないから腹減らないしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では♡

また忘れてました。

 

次の仕事に入るまで派遣で働いていたのですが、つい最近卒業しました。

4月から正社員なのでね。

 

工場なので流れ作業かつ立ち仕事、しかもチームで動くから人間関係もなかなかキツいです。

流れ作業だから、1人で集中できそうだなと思っていた期待はすぐに裏切られました。

 

しかも、従業員クソババアばっかりだし………( ´・ω・`)

だいたい、パートや派遣の方々が、社員の人たちを小馬鹿にしたり上から目線の物言いをしたりするのが許されている時点でおかしいんですよ…。

 

 

 

 

あ、もちろんいい人もいます。

悪い人が極端過ぎて悪目立ちするから良くないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この工場には中国からきた人がけっこういました。

 

中国の方々みんな面白いし、優しいし、愛嬌あるし、余計なことしないし、文句も言わない。

 

最高です。

仲良くなってからは、仲良くなった中国の人と会うたび謎ダンス踊ったり、指で撃ち合いして

ウゥワッ

ウゥワッ

ウゥワッ

ウゥワッ

って、ストⅡの例のシーンを真似したり、

 

って、バカが暴れているようにしか見えないでしょうが、こんなふざけたことばかりじゃなく、さりげなーく中国語教えてくれるし。

 

その人と会うと、1日ハッピー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、大幅遅延しましたが、イギリス旅行後半戦。

もう行ってから2ヶ月も経ったんですなぁ…。

 

イギリス3日目は、ヨーク国立鉄道博物館へ。

 

まずは、キングスクロス駅に行きます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328201014j:image

天井がドーム状になってて素敵ですねえ。

 

イギリスの駅って、こういう行き止まりになっているとこが多いです。

なのに、列車本数に対してホームの数は少ないんです。

だからか、当日にならないと列車の発着番線が分からないみたい。

 

 

 

ついでに言うと、この狭いスペースに発着するたくさんの列車を効率よく捌くため、

分岐器が大変なことになっているんですよ。

絶対保守したくないです。

 

それでも、第3軌条のジャンクション駅とかよりはずっとマシですが…

 

 

 

 

キングスクロス駅は、昔の雰囲気を残しつつも、モダンな感じ出しまくりでした。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203408j:image

 

あと、キングスクロス駅はハリーポッターの9と3/4番線のある駅としても有名ですね。

グッズ店ありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203441j:image

 

もちろん、あのシーンが再現できるところもあります。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203950p:image

顔はスマホ手描きでぶっ潰しました♡

 

 

さてさて、遊んでばかりいないで列車に乗りますよ。

8:30発のニューカッスル行き。

東海岸本線は、ヴァージントレインズが主体なのかしら。

f:id:Tetsuya-kun:20170328204236j:image

 

イギリスは、列車を運行する会社だけでいくつあるか分からないくらいたくさんあるので、とにかく車両がカラフル。同じ形の車両でも、運行する会社が違えば、色は全く異なります。

 

約2時間乗車し、ヨーク駅に到着。

これまたしゃれおつですなあ。

f:id:Tetsuya-kun:20170328205014j:image

 

 

駅から出て、早速向かうは国立鉄道博物館

f:id:Tetsuya-kun:20170328205533j:image

 

立派な博物館なのに、細く狭い駅の裏口から出て、不安になるくらいなにもない通路を抜けた先にあるんですよここ…。

 

ちなみに、入館料タダなんですよーここは。

 

展示されている車両はたーっくさん。

日本ではあり得ないようなSLがめっちゃ見れます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328205927j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328210132j:image

 

うーん。シャレオツ。

 

ただ、我々から見たらキチガイじみた個体もありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170328210223j:image

両運転台SL……。

1つの命を2人で共有しているような、そんな見た目ですねえ。

 

 

SLばかりじゃなく、有名な車両もいますよん。

Class373 ユーロスター

f:id:Tetsuya-kun:20170328210322j:image

ユーロスターには新型車両が入りましたが、まだこの車両も現役…だよな?

この展示車両は、ユーロスターを運行するイギリスとフランスの間での「大人の事情」により余っちゃった車両なんですよね。確かね。

 

 

 

 

イギリスの博物館なのに、日本の新幹線も展示されてます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328210822j:image

初期型0系!

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328210925j:image

車内にも入れます。

なんか、めちゃ懐かしい匂いがしました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211010j:image

新幹線関連で、リニアのこともちょびっとだけ紹介されてました。

日本語でもしっかり書かれているのに感動。

 

 

イギリスで一番愛されていると言っても過言ではない、HSTの展示は愛に溢れていました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211211j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211306j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211329j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211357j:image

 

40年前に登場し、時速200km/hで爆速するディーゼル機関車のHSTですが、youtubeだったかで、SL顔負けの爆煙と、飛行機のような爆音で発車していく動画が上がってて…それ見たときは、迫力というより、あまりにも現実離れしたような光景に爆笑してしまいましたよ。

それで自分的に気になる車両になって、一度本物を見てみたいなーって思っていたんです。

 

今はエンジン載せ替えたようで、爆煙も爆音もありませんでしたが、猛スピードで走る姿は迫力満点でしたなぁ。

 

 

乗れなかったけど!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもいろいろ見てから、

ヨーク駅で遅めのお昼を。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409211519j:image

 

イギリスのTraditional breakfastらしいです。

真っ黒い塊は、ブラックプディングという、

"ソーセージ"

です。お菓子じゃないです。

 

肉とかオートミールを、血で煮込んだからこんなに黒いんだそうです。

 

簡単に言えば、レバーみたいなものでしょうか。

店の人がblood!ってめっちゃ言ってたから若干引き気味でしたが、食べてみたら、アラ美味しい。

おすすめできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン(kings X)に戻ってから、

 

お隣の、St Pancras駅に。

駅は、キングスクロスよりずっとシャレオツ。

 

空(天井)を見上げる旅人もいました。

f:id:Tetsuya-kun:20170409212220j:image

 

 

 

 

 

 

駅の次は

 

ビッグベン!

f:id:Tetsuya-kun:20170409212857j:image

 

ロンドンアイ!

f:id:Tetsuya-kun:20170409212921j:image

 

 

このあたり観光客多すぎて、ガード固めてないと怖いです。マジで。

外気温も−3℃だったので、早急に引き返してホテルに帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむあと1日あるんだけど、画像たっくさんになっちゃいましたな…

 

ってことで、次に続きます。

 

ばいにゃん。

 

 

 

 

 

忘れてました

 

仕事辞めました♡

 

長かった♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ればいつか報われる、ってのは、具体的にいつになるのか、どれくらい耐えればいいのかをイメージできている前提で考えるべきこと。

 

果てしなく長く、しかも耐えたのに叶うかどうかすら分からず、寧ろ悪い方向に向かう可能性も排除できないならば、

 

99パーセント、報われることはないと思います。

 

 

頑張れば報われるって簡単に言ってくる奴は、

「目の前に餌を吊るしたまま延々とランニングマシンを走らさせる」

ことを相手に強いるんだって理解したほうがいい。

 

分かっているなら、いくら頑張っても報われず苦しんでいる人に対して、甘えとか努力が足りないなんて言わないで、現実を見せるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空白期間を派遣で働いているなう(かまぼこ工場)ですが、こちらは肉体的にはキツいものの、精神的には超気楽。

 

長くは続けたくないがな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで先月末

 

イギリスに行ってました。

 

 

マジで。

 

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201344j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201410j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201433j:image

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201522j:image

 

 

羽田→ドーハ→ロンドン(LHR)

でした。行きは21時間かかりました。

 

いやー良かったっすよ初海外。

 

空港にいる段階だと外国キターって感じにはならないのですが、

街に出ると実感わいてきてテンション上がりますね。

 

 

ホテルに着いたのが夕方で、再び外に出る頃には日が沈んでいたので、初日の写真は(怖いもの見たさで食べに行った)フィッシュ&チップスを。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207203344j:image

 

めっちゃ美味しかったです。

不味くないです。

 

 

 

 

2日目は、地下鉄に乗ってお出かけ。

ってかイギリスの朝は、夜更けがめっちゃ遅い!朝8時でも暗かった。

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207203413j:image

この写真撮ったときは11時くらいだったかなぁ。

複雑すぎて、何回も間違えて、泣きたくなりました。

つーか、友人が持っていた路線図が明らかにバスのやつだったのに地下鉄だと信じて疑いもせず、僕がこれ絶対違う言うても聞かなかったせいだよ(責任押し付け)

 

 

まずはケンジントンガーデンに行くべく、ハイストリートケンジントンって駅で降りました。

 

駅には、外国らしいものも売ってましたよ。

f:id:Tetsuya-kun:20170207205319j:image

 

 

…やっぱり、甘すぎました。クリームが、砂糖そのまま食うより甘かった気がする。ってかあのクリームは9割方砂糖でできてる。

 

 

他にも、あからさますぎる日本食屋が。

f:id:Tetsuya-kun:20170207205637j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207205742j:image

 

クオリティはかなり高かったです。枝豆を大量に打ち込む理由がわかりませんが。

 

 

 

 

食い物ばかりじゃなく、メインも。

ケンジントンガーデン。

 

天気は良くありませんでしたが、雨は降ってませんでした。降ることもありませんでした。

湿っぽいだけでした。

f:id:Tetsuya-kun:20170207211406j:image

 

 

庭園内には、ケンジントンパレスがあります。宮殿。

f:id:Tetsuya-kun:20170207211634j:image

 

入館料高かったので中は見てませんが、なんか、なんだかとても凄そうでした。 

 

そう、この館内にあるお土産店は、今回のイギリス旅行の中では最高のクオリティでした。

オススメ。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207211956j:image

 

宮殿付近には、野生のリスがたくさんいましたよー。

リスと鳥類がエサを取り合う光景も見れました。なんかウケました。

f:id:Tetsuya-kun:20170207212205j:image

 

次はパディントン駅へ。

f:id:Tetsuya-kun:20170207212547j:image

このドーム型の駅がいいっすねー。

 

ずっと一目見たいと思っていた、HSTも見れました。

もうすぐ、日本製の新型車両に置き換わるから無理かなーって思ってましたが、見ることができてほんと良かったピ- ✌✌(✌'ω'✌)✌✌ -ス❗

f:id:Tetsuya-kun:20170207212722j:image

 

そしてね、こっちのウテシさんはすごくフレンドリーなんですよ。

f:id:Tetsuya-kun:20170207212958j:image

動画撮ってたら手を振ってくれたんですよーー。汽笛で挨拶もしてくれたし、んもう最高。

 

 

 

そう、パディントンといえば、熊のパディントン

パディントンショップもありましたよ!

 

しかし、パディントンって、日本で言えば…熊の上野さん的な感じでしょ?それとも熊の池袋さん?

夢がぶち壊れるよな。

 

 

 

 

 

パディントンの次は、次の日のためにキングスクロス駅を下見して、

銀行見に行きました。友人リクエストなのでよくわかりません。

f:id:Tetsuya-kun:20170207213416j:image

 

銀行の中は、なんかブランドショップとかレストランとかになってましたが、銀行の機能はどこにあるのでしょう。

f:id:Tetsuya-kun:20170207213640j:image

 

 

銀行の周辺にも、なんか歴史深そうな建物がありましたけど、何だか忘れちゃったほい。

f:id:Tetsuya-kun:20170207213629j:image

 

 

今日の周遊はここで終わる予定だったので、銀行周辺をいろいろ見ましたが、、

 

イギリスは日本食ブームなのかな?

f:id:Tetsuya-kun:20170207213811j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207213912j:image

 

なんか、バリエーション豊かです。

クオリティは日本にも引けを取らないけど、値段はアホ高いから、「イギリスの日本食」を堪能したい変態以外は行かなくても良いのではって思いました。

 

それよりみんなフィッシュ&チップスとブラックプディングを食べたほうがええで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れたし、長くなるので、ちょうど旅の半分まで書いたとこで一旦切ります。

 

 

続きはそのうち♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

ホテルの朝食。

f:id:Tetsuya-kun:20170207214157j:image

パンがなにより美味い。スーパーに行けば、日本サイズだと2斤分くらい入った、写真のような茶色い食パンが0.5pという破格で買えますんで、賞味期限間に合いそうな人はお土産に激しくオススメします。

 

 

では♡