読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsuya-kun’s blog

思ったことをそのまま書きます

また忘れてました。

 

次の仕事に入るまで派遣で働いていたのですが、つい最近卒業しました。

4月から正社員なのでね。

 

工場なので流れ作業かつ立ち仕事、しかもチームで動くから人間関係もなかなかキツいです。

流れ作業だから、1人で集中できそうだなと思っていた期待はすぐに裏切られました。

 

しかも、従業員クソババアばっかりだし………( ´・ω・`)

だいたい、パートや派遣の方々が、社員の人たちを小馬鹿にしたり上から目線の物言いをしたりするのが許されている時点でおかしいんですよ…。

 

 

 

 

あ、もちろんいい人もいます。

悪い人が極端過ぎて悪目立ちするから良くないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この工場には中国からきた人がけっこういました。

 

中国の方々みんな面白いし、優しいし、愛嬌あるし、余計なことしないし、文句も言わない。

 

最高です。

仲良くなってからは、仲良くなった中国の人と会うたび謎ダンス踊ったり、指で撃ち合いして

ウゥワッ

ウゥワッ

ウゥワッ

ウゥワッ

って、ストⅡの例のシーンを真似したり、

 

って、バカが暴れているようにしか見えないでしょうが、こんなふざけたことばかりじゃなく、さりげなーく中国語教えてくれるし。

 

その人と会うと、1日ハッピー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、大幅遅延しましたが、イギリス旅行後半戦。

もう行ってから2ヶ月も経ったんですなぁ…。

 

イギリス3日目は、ヨーク国立鉄道博物館へ。

 

まずは、キングスクロス駅に行きます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328201014j:image

天井がドーム状になってて素敵ですねえ。

 

イギリスの駅って、こういう行き止まりになっているとこが多いです。

なのに、列車本数に対してホームの数は少ないんです。

だからか、当日にならないと列車の発着番線が分からないみたい。

 

 

 

ついでに言うと、この狭いスペースに発着するたくさんの列車を効率よく捌くため、

分岐器が大変なことになっているんですよ。

絶対保守したくないです。

 

それでも、第3軌条のジャンクション駅とかよりはずっとマシですが…

 

 

 

 

キングスクロス駅は、昔の雰囲気を残しつつも、モダンな感じ出しまくりでした。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203408j:image

 

あと、キングスクロス駅はハリーポッターの9と3/4番線のある駅としても有名ですね。

グッズ店ありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203441j:image

 

もちろん、あのシーンが再現できるところもあります。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203950p:image

顔はスマホ手描きでぶっ潰しました♡

 

 

さてさて、遊んでばかりいないで列車に乗りますよ。

8:30発のニューカッスル行き。

東海岸本線は、ヴァージントレインズが主体なのかしら。

f:id:Tetsuya-kun:20170328204236j:image

 

イギリスは、列車を運行する会社だけでいくつあるか分からないくらいたくさんあるので、とにかく車両がカラフル。同じ形の車両でも、運行する会社が違えば、色は全く異なります。

 

約2時間乗車し、ヨーク駅に到着。

これまたしゃれおつですなあ。

f:id:Tetsuya-kun:20170328205014j:image

 

 

駅から出て、早速向かうは国立鉄道博物館

f:id:Tetsuya-kun:20170328205533j:image

 

立派な博物館なのに、細く狭い駅の裏口から出て、不安になるくらいなにもない通路を抜けた先にあるんですよここ…。

 

ちなみに、入館料タダなんですよーここは。

 

展示されている車両はたーっくさん。

日本ではあり得ないようなSLがめっちゃ見れます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328205927j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328210132j:image

 

うーん。シャレオツ。

 

ただ、我々から見たらキチガイじみた個体もありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170328210223j:image

両運転台SL……。

1つの命を2人で共有しているような、そんな見た目ですねえ。

 

 

SLばかりじゃなく、有名な車両もいますよん。

Class373 ユーロスター

f:id:Tetsuya-kun:20170328210322j:image

ユーロスターには新型車両が入りましたが、まだこの車両も現役…だよな?

この展示車両は、ユーロスターを運行するイギリスとフランスの間での「大人の事情」により余っちゃった車両なんですよね。確かね。

 

 

 

 

イギリスの博物館なのに、日本の新幹線も展示されてます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328210822j:image

初期型0系!

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328210925j:image

車内にも入れます。

なんか、めちゃ懐かしい匂いがしました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211010j:image

新幹線関連で、リニアのこともちょびっとだけ紹介されてました。

日本語でもしっかり書かれているのに感動。

 

 

イギリスで一番愛されていると言っても過言ではない、HSTの展示は愛に溢れていました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211211j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211306j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211329j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211357j:image

 

40年前に登場し、時速200km/hで爆速するディーゼル機関車のHSTですが、youtubeだったかで、SL顔負けの爆煙と、飛行機のような爆音で発車していく動画が上がってて…それ見たときは、迫力というより、あまりにも現実離れしたような光景に爆笑してしまいましたよ。

それで自分的に気になる車両になって、一度本物を見てみたいなーって思っていたんです。

 

今はエンジン載せ替えたようで、爆煙も爆音もありませんでしたが、猛スピードで走る姿は迫力満点でしたなぁ。

 

 

乗れなかったけど!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもいろいろ見てから、

ヨーク駅で遅めのお昼を。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409211519j:image

 

イギリスのTraditional breakfastらしいです。

真っ黒い塊は、ブラックプディングという、

"ソーセージ"

です。お菓子じゃないです。

 

肉とかオートミールを、血で煮込んだからこんなに黒いんだそうです。

 

簡単に言えば、レバーみたいなものでしょうか。

店の人がblood!ってめっちゃ言ってたから若干引き気味でしたが、食べてみたら、アラ美味しい。

おすすめできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン(kings X)に戻ってから、

 

お隣の、St Pancras駅に。

駅は、キングスクロスよりずっとシャレオツ。

 

空(天井)を見上げる旅人もいました。

f:id:Tetsuya-kun:20170409212220j:image

 

 

 

 

 

 

駅の次は

 

ビッグベン!

f:id:Tetsuya-kun:20170409212857j:image

 

ロンドンアイ!

f:id:Tetsuya-kun:20170409212921j:image

 

 

このあたり観光客多すぎて、ガード固めてないと怖いです。マジで。

外気温も−3℃だったので、早急に引き返してホテルに帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむあと1日あるんだけど、画像たっくさんになっちゃいましたな…

 

ってことで、次に続きます。

 

ばいにゃん。

 

 

 

 

 

忘れてました

 

仕事辞めました♡

 

長かった♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ればいつか報われる、ってのは、具体的にいつになるのか、どれくらい耐えればいいのかをイメージできている前提で考えるべきこと。

 

果てしなく長く、しかも耐えたのに叶うかどうかすら分からず、寧ろ悪い方向に向かう可能性も排除できないならば、

 

99パーセント、報われることはないと思います。

 

 

頑張れば報われるって簡単に言ってくる奴は、

「目の前に餌を吊るしたまま延々とランニングマシンを走らさせる」

ことを相手に強いるんだって理解したほうがいい。

 

分かっているなら、いくら頑張っても報われず苦しんでいる人に対して、甘えとか努力が足りないなんて言わないで、現実を見せるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空白期間を派遣で働いているなう(かまぼこ工場)ですが、こちらは肉体的にはキツいものの、精神的には超気楽。

 

長くは続けたくないがな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで先月末

 

イギリスに行ってました。

 

 

マジで。

 

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201344j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201410j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201433j:image

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207201522j:image

 

 

羽田→ドーハ→ロンドン(LHR)

でした。行きは21時間かかりました。

 

いやー良かったっすよ初海外。

 

空港にいる段階だと外国キターって感じにはならないのですが、

街に出ると実感わいてきてテンション上がりますね。

 

 

ホテルに着いたのが夕方で、再び外に出る頃には日が沈んでいたので、初日の写真は(怖いもの見たさで食べに行った)フィッシュ&チップスを。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207203344j:image

 

めっちゃ美味しかったです。

不味くないです。

 

 

 

 

2日目は、地下鉄に乗ってお出かけ。

ってかイギリスの朝は、夜更けがめっちゃ遅い!朝8時でも暗かった。

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207203413j:image

この写真撮ったときは11時くらいだったかなぁ。

複雑すぎて、何回も間違えて、泣きたくなりました。

つーか、友人が持っていた路線図が明らかにバスのやつだったのに地下鉄だと信じて疑いもせず、僕がこれ絶対違う言うても聞かなかったせいだよ(責任押し付け)

 

 

まずはケンジントンガーデンに行くべく、ハイストリートケンジントンって駅で降りました。

 

駅には、外国らしいものも売ってましたよ。

f:id:Tetsuya-kun:20170207205319j:image

 

 

…やっぱり、甘すぎました。クリームが、砂糖そのまま食うより甘かった気がする。ってかあのクリームは9割方砂糖でできてる。

 

 

他にも、あからさますぎる日本食屋が。

f:id:Tetsuya-kun:20170207205637j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207205742j:image

 

クオリティはかなり高かったです。枝豆を大量に打ち込む理由がわかりませんが。

 

 

 

 

食い物ばかりじゃなく、メインも。

ケンジントンガーデン。

 

天気は良くありませんでしたが、雨は降ってませんでした。降ることもありませんでした。

湿っぽいだけでした。

f:id:Tetsuya-kun:20170207211406j:image

 

 

庭園内には、ケンジントンパレスがあります。宮殿。

f:id:Tetsuya-kun:20170207211634j:image

 

入館料高かったので中は見てませんが、なんか、なんだかとても凄そうでした。 

 

そう、この館内にあるお土産店は、今回のイギリス旅行の中では最高のクオリティでした。

オススメ。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207211956j:image

 

宮殿付近には、野生のリスがたくさんいましたよー。

リスと鳥類がエサを取り合う光景も見れました。なんかウケました。

f:id:Tetsuya-kun:20170207212205j:image

 

次はパディントン駅へ。

f:id:Tetsuya-kun:20170207212547j:image

このドーム型の駅がいいっすねー。

 

ずっと一目見たいと思っていた、HSTも見れました。

もうすぐ、日本製の新型車両に置き換わるから無理かなーって思ってましたが、見ることができてほんと良かったピ- ✌✌(✌'ω'✌)✌✌ -ス❗

f:id:Tetsuya-kun:20170207212722j:image

 

そしてね、こっちのウテシさんはすごくフレンドリーなんですよ。

f:id:Tetsuya-kun:20170207212958j:image

動画撮ってたら手を振ってくれたんですよーー。汽笛で挨拶もしてくれたし、んもう最高。

 

 

 

そう、パディントンといえば、熊のパディントン

パディントンショップもありましたよ!

 

しかし、パディントンって、日本で言えば…熊の上野さん的な感じでしょ?それとも熊の池袋さん?

夢がぶち壊れるよな。

 

 

 

 

 

パディントンの次は、次の日のためにキングスクロス駅を下見して、

銀行見に行きました。友人リクエストなのでよくわかりません。

f:id:Tetsuya-kun:20170207213416j:image

 

銀行の中は、なんかブランドショップとかレストランとかになってましたが、銀行の機能はどこにあるのでしょう。

f:id:Tetsuya-kun:20170207213640j:image

 

 

銀行の周辺にも、なんか歴史深そうな建物がありましたけど、何だか忘れちゃったほい。

f:id:Tetsuya-kun:20170207213629j:image

 

 

今日の周遊はここで終わる予定だったので、銀行周辺をいろいろ見ましたが、、

 

イギリスは日本食ブームなのかな?

f:id:Tetsuya-kun:20170207213811j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170207213912j:image

 

なんか、バリエーション豊かです。

クオリティは日本にも引けを取らないけど、値段はアホ高いから、「イギリスの日本食」を堪能したい変態以外は行かなくても良いのではって思いました。

 

それよりみんなフィッシュ&チップスとブラックプディングを食べたほうがええで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れたし、長くなるので、ちょうど旅の半分まで書いたとこで一旦切ります。

 

 

続きはそのうち♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

ホテルの朝食。

f:id:Tetsuya-kun:20170207214157j:image

パンがなにより美味い。スーパーに行けば、日本サイズだと2斤分くらい入った、写真のような茶色い食パンが0.5pという破格で買えますんで、賞味期限間に合いそうな人はお土産に激しくオススメします。

 

 

では♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけおめ

 

あけましておめでとうございます。

 

年賀状のような風習が大嫌いなてつや君です。

 

 

来たら返す、そんな感じ。

学生時代は人との和を無意識のうちに求めていたから当たり前のようにやり取りしてたけど

 

もう、そんなもんどうでも良いです。

 

自分が生きていくだけで精一杯な中で人との和なんて考えられる訳がなかろうがってことです♡

 

でも今年は、そんな性格の悪さを軌道修正できるような一年にしたいですね。

未来が暗くなってしまいますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

大晦日は、東京から新潟に帰りました。

在来線で。

 

 

 

東京から高崎(UTL)は、まぁ言わずもがなな混み具合でしたが、

 

高崎からが鬼でした。

ホームに溢れんばかりの人人人。

 

乗り継ぎ時間でぐんまちゃんSHOP行ってる場合じゃなかったです。

駅ビル内も人多すぎィ!!!で、身動き取れませんでしたし。もう少し痩せろ自分。

 

 

 

高崎からは水上まで。

荷物のやり場にめっちゃ困りました。

 

この時点では、UTL車内で見かけた方々もちらほら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物と人と汗と熱気がひしめき合う車内を耐え抜き、水上に到着。

…水上から長岡まで行く訳ですが、そこで座れないとさすがに脚と精神が死を迎えそうなので、

 

水上ダッシュ

 

 

しました。

 

 

 

 

 

余裕で座れましたピ- ✌✌(✌'ω'✌)✌✌ -ス❗

 

そう、水上で乗り換えるときは、高崎方面から来る時の場合、先頭車の一番前にいるのが有利なのです!(階段目の前)

…にも関わらず、走りました。大迷惑。

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20170102171535j:image

 

 

高崎方面はかぼちゃ115系が走っていますが、新潟方面は、最新型で、しかも車内に首都圏と変わらんようなモニターが(一部ドア上にですが)付いてるE129系。

 

首都圏に勝ったような気分で高みの見物…って思ったけど、やっぱり115系恋しいねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話は元に戻り

あとからわらわらと人が乗り始め、結局、この国境越え区間も通勤列車状態。

明らかに東京から乗り継いで来てる人たちも、それなりにいました。類は友を呼ぶのですね。

 

 

 

気になっていたのに潰れちゃったらしい温泉宿、オクトネカン(奥利根館) を過ぎ、

地下70mのトンネル内駅、土合を過ぎ…

 

そうそう、土合駅のあの地下ホームには(お世辞にも普通とすら言えないような、ガチで使いたくない)トイレがあるんですが、汚水処理どうしてるんでしょうね。気になる。

 

 

 

 

新潟県最初の駅、土樽を過ぎ、

スキー場隣接で賑わう駅をいくつか過ぎ、

 

 

 

 

越後湯沢でお客さま入れ替え&更なる混雑に。

 

この区間でこんなに人いるのなんて初めてですの………。

 

 

 

 

湯沢から長岡まではほぼ寝てました。

 

 

長岡に着いたら、向かいのホームにいる新潟行きにすぐ乗り換え。

壮観なダッシュが見られました。

 

 

 

 

 

長岡→新潟は、闇深い青春時代を過ごした思い出の路線なのですが、

実家のような安心感とかより、

久々に来た慣れない路線、

な状態に感じられてしまったのが寂しかったです。

 

疲れから(黒塗りの…あ、違うか)だと思いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟からは、乗ってた列車がそのまま乗り換え先に行くやつになったので、乗りっぱなしでOKでした。ラッキー。

 

 

 

 

地元駅に着いて、家帰って、めっちゃ疲れを感じてそのままこたつむりと化しました。

おしまい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1・2日はとくに書くことありません。

明日からは仕事です。うんこ。

 

じゃあのーーー。

 

 

 

 

エモい

 

最近、

 

エモい

 

って、流行ってますよね。

 

 

 

 

意味としては

 

「エモい」という言葉は、感情を意味する英語の「Emotional(エモーショナル)」が語源となっており、形容詞として利用する為に「い」がついている。

叙述的・情熱的・切なさ・物悲しさなど、なんとも表現しがたい気分や感情、言葉で伝えきれない気持ちを表現する時に「エモい」と使われることが多い。

http://www.tokyo-indie-band.com/2015/08/emo.html?m=1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとまあ便利で有り難きお言葉。

 

エモい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、そんな「エモい」と一言で表現できる列車に乗ってきました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161219001423j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161219001328j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161219001435j:image

 

 

 

東北エモーションです。

 

八戸~久慈を運行してる列車です。

 

 

レストラン列車として、美味しい料理と豪華な内装がウリですよな。

 

切符取るためには、窓口行って予約しなきゃならないという面倒さもあり、行きたいと思いつつも行けずにいましたが、

辞める前に乗りてえと思って、行ってきちゃいましたよーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、普通の人は、この「エモさ」を内装や料理やサービスに感じていることでしょうけど

 

 

ぼくは

 

中間にあるビュッフェ車両の発電用エンジンにエモさを感じていました。

 

なんでって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種車(キハ110-0)のエンジン音が大好きだからです。

迫力ある重苦しい音で普通に聞いててかなりシビれるんですが、

それをそのまま走行用から、ビュッフェの電源としての発電用に転用したもんだから、常に遠慮無しで回しっぱなし状態。

 

全身から汁が噴き出してきそうな迫力が味わえちゃうんです。うひひ。

 

 

 

今日、久慈で初めてエモーション見て、まず言い放ったことが

「エンジン音うっわぁお!!!!wwwwwwwww超うるせえぇぇeeeee!!!!!!!!wwwwwwwww最高すぎかよwwwwあああああwwwwwうっひょwwwwwwwwwwwwwwwwww」

だったので、さすがに同行者に引かれました。

 

引いてくれた方が安心ですよ。すっごく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さておき、エンジンばかりじゃなくて車内とか料理もまとめないといけませんね。

 

今回は、復路のスイーツコース。

往路は豪華ランチコースなのですが、往復で乗ったら腹が破裂するで!!と噂を聞いていたので、片方だけです。

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20161219003806j:image

 

こちらは、今回乗った個室の廊下。

超絶狭いです。恰幅が良いと歩くことすら厳しいレベル。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161219004016j:image

f:id:Tetsuya-kun:20161219004056j:image

 

狭いことを除けば、居心地はなかなかに良いですよ。

 

 

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225200704j:image

 

室内のテーブルには、このようにセッティングが。

ちなみに、このランチョンペーパーはお持ち帰り可です。

 

 

んで、しばらくしたら支配人さんが来て、部屋の脇にあるボックスに入れておいたというグッズをいただきましたよ。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225200833j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225200931j:image

 

ボールペン(BIG製)とポストカード!

個室の人限定品らしいです。

 

 

 

 

さて、しばらくしたら料理(というより、スイーツ)が。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225201040j:image

 

モンブランと、チーズタルトと、抹茶ムースでした。

これは、最初だけ食べられる贅沢仕様ですねん。

 

 

このほかは、バイキング形式で好きなだけ食べられるのですよー。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225201247j:image

 

なんか少ない気がしますが、どんどん補充されますから無問題。もーまんたい。

 

 

 

甘いものが苦手な人向けに、

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225202250j:image

 

しょっぱいオードブルメニューもありますよー。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225202321j:image

 

切りたて生ハムもありますよこれはまじで美味かった。

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225202500j:image

 

きたない盛り合わせになりましたが、がっつりいただきました!(このために昼飯抜いてきたんだから…!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がっつり食べたら、写真撮影もがっつり。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225202750j:image

 

したんですが、載せるのこれくらいしかありません。

 

一眼だとたくさん撮づたんですが、

データ移動が面倒なので、そちらの写真は載せてません。面倒くさがりなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホだと…

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203148j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203010j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203207j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203221j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203241j:image

 

舞台裏の様子ばかり撮っていました。

 

お客様の動線に舞台裏がたくさんあるのは仕方ないとして、でも大変だよなぁ働いてる人達は…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで八戸に到着。

 

美味しく楽しい旅でした♡

(深刻な語彙不足により、話題のネタ切れを起こしている模様)

 

 

 

八戸到着後は、車両を舐め回すように1時間近く撮影して、車庫に帰るまでお見送りしたので、キチガイによるキチガイ染みた写真が見たい方は、お申し付け下さい。

ってか、喜んで見せますから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八戸駅では、青い森さんがクリスマスヒャッハーしてて、微笑ましかったです。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203701j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203710j:image

 

モーリーと701はいるのに、703は…?(o_o)

 

 

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225203742j:image

下のほうにラジカセがあって、音楽鳴らしまくってました。電源がわざわざ事務室から引かれていて、そのこだわり方に、同行者と(褒める意味で)爆笑してしまいました。

 

 

 

 

 

 

このあとは、お土産買って帰宅しました。

 

ちなみに、帰りの新幹線は、幸せのH5系でした♡

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225204144j:image

 

床の模様が女子力高くて可愛いんですよ。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161225204217j:image 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりすぎたし写真も多いので、そろそろ締めます。

 

イベント列車は良いぞ!!

 

.    n Λ_Λ

    (ヨ(´・ω・`) イエァ!!!

   ≡ y  と丿

    ≡(_ノ ノ

    ≡(ノ´

 

 

お菓子

 

最近、ストレスがひどいです。

 

(自分は不幸だと信じて疑わない状況にいると思っている中で)結婚婚約ラッシュとか周りの幸せ見せつけられて、すげぇイライラしてます。

旅行帰りとかで今いる地に戻ってきたときも、すごいイライラします。

 

先週は、あまりのイライラから、持っていた荷物を部屋に投げてしまい、その中に入っていた卵を割ってしまいました。

 

発狂しました。

 

 

 

 

…でも、10分もすると、とりあえずヒビ入ったやつでゆで卵作るかってなったり、損傷激しいやつはぱぱっと作れるお菓子に利用しようと思ったり、

 

自分が由来の出来事ならば、復活するのはかなり早いようです。

 

他人が由来の出来事だと、相手からの釈明とかで自分が腑に落ちるまで復活しません。たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、割れた卵で何を作ったかというと

 

ヨーグルトチーズケーキでした。

 

ヨーグルト:クリームチーズを7:3にして作ったヘルシー(ドケチ)仕様でしたが、なかなか美味しかったんですこれが。

 

甘さを控えめにしたので、シナモンロールとかの上に乗ってるフロスティングも乗せてみましたが、これまた良い感じになりまして。

また作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日には、シュトーレンを作りました。

 

シュトーレン、お菓子ツウな方でも知らないって人が多いようですが、

 

詳しくはウィキ先生に聞いて見てください。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シュトレン

 

 

ちなみに、本場のドイツ語発音だと

シュトレン

が正しいようです。

 

 

やっぱり長持ちする美味しいお菓子は身体に良くないものがタップリ使われているので…

作るにあたり、欲張りなぼくは、この他に美味しいものを食べても罪悪感が少ないよう、材料には精製されたものを極力使わないようにし(白い粉砂糖は勘弁しちくりー)、油脂類にはココナッツオイルを使用したりして、個人的にはかなり拘りました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20161210212241j:image

 

ラップでがっちり包むと、熟成がきちんとされやすいみたい。

パン屋のシュトーレンも、ラップで包まれてたりするの多いですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子作りや料理は

 

ストレス発散手段としてかなり良いんですが

 

出来上がったものの処遇に関して、すごく困りやすい。

 

周りにもらってくれる人がいたら良いけど

そうじゃなかったら、こんなにたくさん作れませんもの。

 

そういう意味では、恵まれているかもね。

 

この環境はくそうんこだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああー。

不安や悲しみより幸せが勝るような、そんな生活がしたいよぉぉん。

それより、他人に失望させられたくないよぉん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃ、今日は引っ込む!

 

文章のほうが、自分の思いを伝えやすくて好き

 

(=‘x‘=)

 

 

 

表現の仕方

 

レシピ集を見ていてよく思うこと。

 

 

大概のレシピは、それぞれの分量をグラム単位で表しているけど

 

粉を1カップとか、1と4/3カップとか、液ものをスプーン1とか、一目見ただけでは訳わからん表現してるやつがよくあるんですよね。

 

 

 

短気なぼくは、こういう、もう一回調べ直さないと分からないようなアバウトな表現が大嫌いなので、gやmlで表しているやつじゃないと、見る気も失せてしまいます。

一瞬でレシピを閉じます。

 

 

 

ってか、カップって何なんだよ。カップのサイズっていろいろあるし、粉によって比重も違うもんじゃないの?

スプーンだって、大さじ小さじとかあるじゃん。訳わからん。

 

ワガママですが、とりあえず、数値で分かるものに統一してほしいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、思いながらパンをいつも焼いているぼくです。

f:id:Tetsuya-kun:20161125142219j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20161125142815j:image

 

 

小麦粉パンと

ふすまパンです。

 

今まで、

・小麦粉パン

米粉パン

・ふすまパン

を焼いたことがありますが、

 

米粉パンとふすまパンは、まとまりの良さとくっ付かなさが最高。ふすまパンは特に、洗い物の手間がかからない。

小麦粉のパンは、こねてまとまるまで手にベタベタつきまくるものでね…

 

 

 

発酵においては、ふすまパンと小麦粉パンがほぼイコールかな。

米粉パンは時間かかりますね。

ただ、米粉パンは一次発酵のみでもOKなのでこの限りではありませぬが。

 

 

あと…

二次発酵のあとって、焼きあがるまで基本的にパンに触ったらアカーンですが、

ふすまパンだけは表面のハリがすごいので、持ち上げて位置を整正することができます。

 

ちなみに、焼き上がりの良さもふすまパンが最高です。まん丸になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、ここまで書いておいて何だけど、

こんな用語並べたって、パン作りかじってる人じゃないと何言ってるか分かりませんヨネー。

 

でも、あのパンが焼きあがる匂いは、やみつきになりますよー。

 

今まで柔らかめのパンしか作ったことなかったので、ハード系のパンも作れるようになりたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では!

 

🍞🍞🍞

 

 

 

ひさびさに

 

1週間ほど、会社の研修に行ってました。

ひさびさに同期に会い、(自由時間だけは)はっちゃけウェイパリピになりました。

 

 

 

 

しかし…

泊まり込みの研修だったので、環境の変化によりひどい便秘になってしまい下剤を飲んだら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹が超絶水っぽくなり、悲惨です。

10分おきくらいに波が来て、発散させないと腹が死にます。

 

絶賛バイオテロ中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元帰ったら一人暮らししたいなーって思っていろいろ見てみましたが

 

4万台で2DKが借りれるんですね。

和室も洋室もあるとか最高すぎかよー。

 

和室は、年中こたつを置いておきたいので欲しいですね。

 

 

 

 

 

部屋選び、楽しいです。

しかし、あからさまな事故物件も普通に引っかかるんですな。料金だけがおかしいことになってるパターン。なんか嫌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、今日スーパーに行ったら

 

f:id:Tetsuya-kun:20161119233901j:image

 

これは新しいパターンの値札のつけ方。

 

衝撃。

どうしていままで誰も気が付かなかったんや!!ってくらいの衝撃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは世紀の発明だよ。

 

揚げ物をパックに詰めてレジに持って行くと、瞬時に品物を判断してレジ打ちしちゃうおばちゃん、すげえなーって思うもの。

でも、半端なく訓練されてるんだろうなーって思う。

 

でも、こうやって値札つけたらみんな大勝利ですよね。

 

ホワイト化に一役買ったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このスーパーの外に出たら、クレープの移動販売車がいたんですが、車のライト部分につけま付いててさらにほっこりしました。

暗かったし雨も降ってたので写真は撮ってませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、また波が来そうなのでトイレ行ってきます。

 

ゴロゴロいってます。

 

では!