読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsuya-kun’s blog

思ったことをそのまま書きます

また忘れてました。

 

次の仕事に入るまで派遣で働いていたのですが、つい最近卒業しました。

4月から正社員なのでね。

 

工場なので流れ作業かつ立ち仕事、しかもチームで動くから人間関係もなかなかキツいです。

流れ作業だから、1人で集中できそうだなと思っていた期待はすぐに裏切られました。

 

しかも、従業員クソババアばっかりだし………( ´・ω・`)

だいたい、パートや派遣の方々が、社員の人たちを小馬鹿にしたり上から目線の物言いをしたりするのが許されている時点でおかしいんですよ…。

 

 

 

 

あ、もちろんいい人もいます。

悪い人が極端過ぎて悪目立ちするから良くないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この工場には中国からきた人がけっこういました。

 

中国の方々みんな面白いし、優しいし、愛嬌あるし、余計なことしないし、文句も言わない。

 

最高です。

仲良くなってからは、仲良くなった中国の人と会うたび謎ダンス踊ったり、指で撃ち合いして

ウゥワッ

ウゥワッ

ウゥワッ

ウゥワッ

って、ストⅡの例のシーンを真似したり、

 

って、バカが暴れているようにしか見えないでしょうが、こんなふざけたことばかりじゃなく、さりげなーく中国語教えてくれるし。

 

その人と会うと、1日ハッピー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、大幅遅延しましたが、イギリス旅行後半戦。

もう行ってから2ヶ月も経ったんですなぁ…。

 

イギリス3日目は、ヨーク国立鉄道博物館へ。

 

まずは、キングスクロス駅に行きます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328201014j:image

天井がドーム状になってて素敵ですねえ。

 

イギリスの駅って、こういう行き止まりになっているとこが多いです。

なのに、列車本数に対してホームの数は少ないんです。

だからか、当日にならないと列車の発着番線が分からないみたい。

 

 

 

ついでに言うと、この狭いスペースに発着するたくさんの列車を効率よく捌くため、

分岐器が大変なことになっているんですよ。

絶対保守したくないです。

 

それでも、第3軌条のジャンクション駅とかよりはずっとマシですが…

 

 

 

 

キングスクロス駅は、昔の雰囲気を残しつつも、モダンな感じ出しまくりでした。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203408j:image

 

あと、キングスクロス駅はハリーポッターの9と3/4番線のある駅としても有名ですね。

グッズ店ありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203441j:image

 

もちろん、あのシーンが再現できるところもあります。

f:id:Tetsuya-kun:20170328203950p:image

顔はスマホ手描きでぶっ潰しました♡

 

 

さてさて、遊んでばかりいないで列車に乗りますよ。

8:30発のニューカッスル行き。

東海岸本線は、ヴァージントレインズが主体なのかしら。

f:id:Tetsuya-kun:20170328204236j:image

 

イギリスは、列車を運行する会社だけでいくつあるか分からないくらいたくさんあるので、とにかく車両がカラフル。同じ形の車両でも、運行する会社が違えば、色は全く異なります。

 

約2時間乗車し、ヨーク駅に到着。

これまたしゃれおつですなあ。

f:id:Tetsuya-kun:20170328205014j:image

 

 

駅から出て、早速向かうは国立鉄道博物館

f:id:Tetsuya-kun:20170328205533j:image

 

立派な博物館なのに、細く狭い駅の裏口から出て、不安になるくらいなにもない通路を抜けた先にあるんですよここ…。

 

ちなみに、入館料タダなんですよーここは。

 

展示されている車両はたーっくさん。

日本ではあり得ないようなSLがめっちゃ見れます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328205927j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328210132j:image

 

うーん。シャレオツ。

 

ただ、我々から見たらキチガイじみた個体もありました。

f:id:Tetsuya-kun:20170328210223j:image

両運転台SL……。

1つの命を2人で共有しているような、そんな見た目ですねえ。

 

 

SLばかりじゃなく、有名な車両もいますよん。

Class373 ユーロスター

f:id:Tetsuya-kun:20170328210322j:image

ユーロスターには新型車両が入りましたが、まだこの車両も現役…だよな?

この展示車両は、ユーロスターを運行するイギリスとフランスの間での「大人の事情」により余っちゃった車両なんですよね。確かね。

 

 

 

 

イギリスの博物館なのに、日本の新幹線も展示されてます。

f:id:Tetsuya-kun:20170328210822j:image

初期型0系!

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328210925j:image

車内にも入れます。

なんか、めちゃ懐かしい匂いがしました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211010j:image

新幹線関連で、リニアのこともちょびっとだけ紹介されてました。

日本語でもしっかり書かれているのに感動。

 

 

イギリスで一番愛されていると言っても過言ではない、HSTの展示は愛に溢れていました。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211211j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211306j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211329j:image

 

f:id:Tetsuya-kun:20170328211357j:image

 

40年前に登場し、時速200km/hで爆速するディーゼル機関車のHSTですが、youtubeだったかで、SL顔負けの爆煙と、飛行機のような爆音で発車していく動画が上がってて…それ見たときは、迫力というより、あまりにも現実離れしたような光景に爆笑してしまいましたよ。

それで自分的に気になる車両になって、一度本物を見てみたいなーって思っていたんです。

 

今はエンジン載せ替えたようで、爆煙も爆音もありませんでしたが、猛スピードで走る姿は迫力満点でしたなぁ。

 

 

乗れなかったけど!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもいろいろ見てから、

ヨーク駅で遅めのお昼を。

 

f:id:Tetsuya-kun:20170409211519j:image

 

イギリスのTraditional breakfastらしいです。

真っ黒い塊は、ブラックプディングという、

"ソーセージ"

です。お菓子じゃないです。

 

肉とかオートミールを、血で煮込んだからこんなに黒いんだそうです。

 

簡単に言えば、レバーみたいなものでしょうか。

店の人がblood!ってめっちゃ言ってたから若干引き気味でしたが、食べてみたら、アラ美味しい。

おすすめできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン(kings X)に戻ってから、

 

お隣の、St Pancras駅に。

駅は、キングスクロスよりずっとシャレオツ。

 

空(天井)を見上げる旅人もいました。

f:id:Tetsuya-kun:20170409212220j:image

 

 

 

 

 

 

駅の次は

 

ビッグベン!

f:id:Tetsuya-kun:20170409212857j:image

 

ロンドンアイ!

f:id:Tetsuya-kun:20170409212921j:image

 

 

このあたり観光客多すぎて、ガード固めてないと怖いです。マジで。

外気温も−3℃だったので、早急に引き返してホテルに帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむあと1日あるんだけど、画像たっくさんになっちゃいましたな…

 

ってことで、次に続きます。

 

ばいにゃん。