読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsuya-kun’s blog

思ったことをそのまま書きます

夜勤明け


夜勤ってなんで○ヨって言うんだろう。
○ヨル指定、とか?

















自分なりにズルズル考えていることがあります。


恋人関係において、相互に話し合う機会を設けずに、どこか不満を抱えたまま関係を続けていくと、あるときに爆発するか、あるきっかけで急激に冷めてしまう。


その失敗は、後々に実に面倒なことになった。こんなにもサーッと冷めるものなのかとか思った(その当時の友人と恋愛的な話をしてみんなからそれ良くないとか言われたりしたからだろうか。むしろ僕はみんなの状況に何それ!?って思ったわ!)


もうそんな失敗はしたくない、という思いはおそらく人一倍強いんじゃねーかなと。あくまで男女の関係なら、互いのことを知るためにも話し合うことは必要だと思う。普段からカップルらしいそーいうことも言わないとなると、関係性に不安を覚えるし自分必要無いじゃん、とかね。
趣味という繋がりから始まったなら尚更、その趣味ばかりじゃなくて、この特別な関係について積極的に話し合うべきだと思います。相手はどうしたいのか、自分はどうしたいのか、それが分からなくてどう関係を発展させるというのか、ね。
(趣味だけで良いなら友人でええやん!!!なんで他のこと話そうとすると趣味路線に戻されるのん!!!)(だから趣味繋がりはもう勘弁)

恋人関係が友人に相談できると、客観的な意見をもらえるのが良かった。友人からリア充な現状を聞くと、ためになったりもした。
不満を持っても自分が甘えてるだけなんじゃね?とか思うタイプなら尚更、これってどうなんだろう?と第三者から意見をもらうのは良いことだと思います。


相手のことを気遣ったつもりで自分の意見を言うのを避けると、その気遣いが全て自分に帰ってきてしまうので、結果的に我慢する量も2倍になる。それか、気遣われた結果、相手は余計に不満を抱えることになるか。
気遣った、ということより嫌われ役になれなかった自分の弱さ、なのかもしれないですな。

だから、話し合う機会を設けるのは重要だし、これだけは絶対守る!と二人の間にルールを作ることも必要ではないか、と僕は思います。円満な関係でいたいからね。

話し合いの拒否は、関係の拒否。
改めてそう感じています。嫌なことは嫌だとはっきり言えるのが、信頼関係のひとつの形じゃないかなぁ。



















夜勤明けで職場で4時間くらい寝て、大学病院に来ています。
計算にいつも時間かかりすぎているし、お金も払い過ぎていたことが多い。

テキトーなことをしているのか、忙しさで混乱しているのか。

でも、担当の先生はほんっといい人で憎めないタイプなので良いです。
印象ひとつで、失敗なんて笑って許せる。

(ちなみに今日も過剰領収分があったようで会計から引かれました)




















そして、最後の最後になりますが
僕はさっきまで憔悴していた。ってか今もだ。


実家に住み着いていた、仲良しだったノラ黒猫君が小屋で亡くなっていたと親から連絡がありまして。

あるときからうちに遊びに来るようになり、ゴハンをあげたら懐く懐く。
脚に離さんと言わんばかりに抱きついたり、追いかけてくるから一緒に散歩したり、それはそれはもう可愛いヤツ。
僕が実家を出ても、帰った時は忘れずいつも待っててくれたっけね。
でも、ノラだからやっぱりケンカするし、ケンカして怪我してはどんどん弱っていってたっけ。
晩年は、口を怪我してヨダレだらだらになり、ガリガリに痩せて体毛も茶色くなっていつ死んでもおかしくないくらいになってたなぁ。でも、そんな状態でもゴハン食べるし寄り付いてくるし、見窄らしくても可愛さ溢れるヤツだった。苦しいだろうに、甘えることだけは精一杯だったんだなぁと。

…まだおまえのゴハン残ってるぞー(T_T)












身近な人でも動物でも、死というものに直面すると、やはりその事実を受け入れるのには時間がかかる。

最近、悲しい出来事が多すぎます。
現実を切り離したい。

やる気も0パーセント。今日はもうだめだ。


















うえぇぇん
 。・。∧_∧。・。
。゜ (゜´ Д `) ゜。
  o( UU
   └┴┘