読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tetsuya-kun’s blog

思ったことをそのまま書きます

友情と愛情と愚痴


いつも一緒にいて、この人といると特別な安心感覚えるなー、と思ったその時















たぶんその人に惚れてます。

僕はね。




僕はたぶん🍞セクシャルなのですが、生理的に受け付けないハードルが高いんだか何だか分からないけど、他人に対してそんな感情をまず抱けない。



だから、そんな人が現れたら、離さないかもしれない。





















メンヘラ化するやつだ!!逃げろ!!!三┏( ^o^)┛三┏( ^o^)┛三┏( ^o^)┛



























恋愛感情を超えたその先にあるものは、純粋なる「情」だと僕は思っています。
情を持ち続け、安定を作り上げていく。

そんな未来に、憧れます。























刺激。

良い刺激は、脳内物質を活性化させ、人をを生き生きとさせるでしょう。
でも、良い刺激には、大抵代償がある。









刺激は、安定とは相反するもの。
金銭的安定なり、精神的安定なり。
そして、その安定を犠牲にして得るものとも言えるでしょう。
ギャンブルとかもそうじゃない?買い物好きとかもさ。趣味だって、金食うしさ。










(あ、でも趣味みたいに折り合いが付けられる程度の刺激ならいいのか。
…でも、欲が出てきたら犠牲も大きくなるしなぁーーー。
僕みたいな欲張りはいずれ苦しむな、うむ。(-人-))




でも、、、




















人というのは、結局、真相領域では刺激よりも安定を追い求めるものだと思えてならないので、刺激といつかは決別するか、ラインを引かなければならないでしょう。

刺激は脳内物質に作用する麻薬みたいなもの。
失うときの代償は、キツいことでしょう。

刺激を昇華させるか、捨て去るか、どうするかは自分次第ですよね。






























デモデモダッテ!!!!
昇華させるのは簡単じゃないし捨てるのも嫌!!
何が何だろうが沼に落ちたらなかなか抜け出せないんだもん!!!!!


いろいろダラダラ書いたけど
結局はこれに尽きるわ!!!!!!
      /⌒ヽ
     |    /  
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三  レレ




























今日は、お仕事で作業責任者やりました。

今まで、僕は作業責任者を1度もさせてもらったことがありませんでした。
理由は、まだ2年目だからとか他にも若手いるからとか、いろいろあるかもしれません。
本当のところは、知りません。



それがまだ未熟な僕のためにということなのかもしれないけど、このように急に本格的にやらなきゃならないこともあるんですよね。

だから、僕としては
「僕のことを考えてくれる」なら、もっといろいろやらせて欲しい。
んですよ。


こういう時に大恥かくのは、「あなたの為」というお為ごかしを着せられた僕なんですよ。




ま、信頼されてねーからなんだろうな。結局。
自分の能力の無さを恨むしかねぇ。













お為ごかし。

「あなたの為」は「自分の為」がベース。
結局は、自分がカワイイから言えること。


僕は、これを肝に銘じている。














Au revoir.






















時には感情的になるのも必要だ。
僕は、いつも感情的になっている気がする。

はぁ、自分が嫌う姿に自ら堕ちている。
ダメ人間である。





















まずは✌(՞ਊ՞✌三✌՞ਊ՞)✌